Report

Collection

エンペラーの愛したベトナムの植物

2019.12.12 Report

訪れたい場所 Vol.2 ベトナム フエ編  Place to visit for plants.

ベトナムでの植物採集です。
【植物採集】訪れたい場所 Vol.1 ダナン・ホイアン編 はこちら

列車に揺られフエに到着

ヘトナムといえば、ハノイとホーチミンが有名ですが
今回の旅で私のお気に入りは中部エリアのダナンとフエ。
関西国際空港からダナン入りし、フエに移動。
フエまでの移動ルートは幾つかあるのですが
たまには列車に乗ってみよう!
ということで、ベトナム列車の車窓旅に。
ベトナム語は全く読めないし、英語の案内がすごく少なくて何度も確認したのに、ちょっとそわそわ。

結局、間違えた行き先に乗ろうとしたり予約した列車が時間近く遅延しましたら無事に乗車!車で行けば二時間のところ列車だと三時間半…
というのはどういうことでしょうか…
日本円にして約400円という激安価格なのでそれもまた一興、とのんびり楽しむ時間がある方にオススメの移動手段ですね。

キャリーケースを投げて、線路に降りて、別の車両へ。そんな体験日本ではもう絶対にできないですから。ここでしかできない、日常にはできない小さな体験。私が訪れたい場所にはそんな素敵な瞬間が沢山転がっています。

静寂の街フエ 最高の宿 Pilgrimage Village Hue

フエでは、中心地から少し離れた宿をとりました。
Pilgrimage Village Hue、巡礼の村という意味で
ホテルがまるで一つの大きな集落のようになっています。
小さなアパートメントのような部屋から一つ一つ分かれているコテージタイプの部屋もありました。
エントランスのアプローチから、幻想的な風景…まさしく、私が訪れたかった場所!

ロビーでチェックインをすませるともう夕暮れ。
私たちの部屋に行くまでには、2つのレストランに
プールにプールサイドのバー。

個室マッサージのあるエステルームも。
マッサージマニアなので、早速予約をしました。
ダナン、フエ、ホーチミン全てでマッサージを受けましたが今回のベトナム旅で唯一残念だったのは「マッサージスキルが非常に低い」ことだけ。

ここのマッサージは他店舗より5倍くらいの値段でしたが「雰囲気にごまかされて、ギリギリ合格点」というくらい…

この、ボタニカルなアプローチから入った空間ということだけで合格点だったのかもしれません。

ここでもレモングラスのいい香り。入れていただいたお茶と、生姜の砂糖漬けのお菓子が美味しくって。ホテル、サービスとしての細やかな気遣いに植物の力が取り入れられているのは素敵だな、と感じました。

ベトナムの伝統的なノンラーという帽子。ラタニアの木の葉でできた帽子でこれはスコールが降るベトナムで今も被られています。

菊の花を添えて飾りにされているのがとてもかわいらしい。ホテルの敷地には小さな池もありました。中部は雨季だったので、緑がイキイキ美しく深い色でした。

空間自体はとても贅沢な使い方をしているけれど、決してきらびやかさや華美な印象は与えない。そういうホテルにはヨーロッパのお客様が多くいる傾向。

ダナンのホテルはもっと華やかで、こちらにはアジアのリッチ層が多く。結構この傾向がわかりやすい、好みって面白いなと感じます。

ベトナム最後の王朝 阮(グェン)王朝

あまり「 THE!観光」という場所にはいかないのですがベトナム最後の王朝 阮(グェン)王朝は是非みておきたい場所。
王宮の遺跡がいたるところに点在しています。宮廷があった区画というのは、だいたい一つの区画が大きくって散歩好きな人が歩くのにぴったりなエリアです。

フエは街を歩いてもいいですし、宮廷料理を楽しんだりすることもできます。ホテルの中でのんびりするあまり、外で食事をすることができなかったのですがお土産の伝統の宮廷茶は手に入れました。

ハーバリストの方とお話ししていたのですが各国のエンペラーたちは挙って漢方やハーブティを取り入れていたそう。私たちと目的は違って「不老不死」のために…皇帝がこのお茶をどんな思いで飲んでいたのかな…と考えるとまた違う味わい。
フエに観光する際はこちらのサイトを確認すると分かりやすいです。

https://www.vietnamhuekanko.com/

さてさて、次回は喧騒の街ホーチミンです。